読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉祥寺.pm #10 に参加してきた

表題の通り、吉祥寺.pm #10 に参加してきました。吉祥寺.pmはmagnoliaさんがやられているPerlの勉強会です。Perlの勉強会にありがちなようにPerlでなくてもOK、テーマはガン無視でOKというスタイルです。実際のトーク内容はたぶん他の人がまとめてくれると思うので、今回は第10回ということで第1回から参加してきた自分なりの振り返りを書くことにします。

僕はこのキチピーに第1回から参加していて、それはそのまま自分のプログラマ歴とコミュニティ参加歴にかぶります。YAPCに初めて参加して衝撃を受けて自分もプログラムを書きたいと思って、勇気を出して勉強会に参加したのが吉祥寺.pmでした。第1回からすごい人たちが平然とトークしていて、やはり自分は場違いなのではと思いつつ頑張って懇親会まで乗り切った記憶があります。正直初回は緊張しっぱなしでした。

でもたしか2回目ぐらいで勇気を出して人生初LTをしました。内容は「Perlを学んでみて思ったこと」みたいなタイトルだったと思います。すごいエンジニアが聞いている中(songmuさんとかいた気がする)、拙い話だったのは間違いないのだけれど、とても温かい雰囲気で聞いてもらった気がします。吉祥寺.pmはmagnoliaさんが初心者トーク歓迎のスタイルなのでかなり気軽にLTできる雰囲気があって、僕以外のPerl入学式卒業生もけっこうトークしてたりします。一方ですごい人たちのトークも聞けるのでこのバランスがとても良いんですよね。毎回違った面々が集まりながら当日キャンセル率がほぼゼロ、懇親会参加率が80%以上なのは吉祥寺.pmの良さを体現している気がします。

さて、昨日はというとすっかり打ち解けた様子で「あの人がいる!この人がいる!あ、お久しぶりです」みたいな感じで完全に溶け込んでいました(笑)。今回話せなかった人もまた会えたらいいなと思います。

勉強会が10回続くのはけっこう大変だと思うのですが、このままだと100回まで続くんじゃないかな

勉強会に参加してトークするといい刺激になるし、人の輪が広がります。吉祥寺.pmではマサカリは飛んできません。とても優しいのです。エンジニアの勉強会は実際ただの飲み会であんまり勉強になってないみたいな意見もありますが、それならそれでいいのではという気がします。交流の輪を広げ、別の世界を知って刺激を受けることは別の意味で良い勉強になると思うからです。それは本には書いてない種類の「勉強」なわけですが同時にとても楽しい勉強でもあります。

それでは次回の吉祥寺.pmで会いましょう!